検索の方法

かごしま緩和ケアネットワークのトップページ

会の案内 緩和ケアに関する情報 日本における緩和ケアに関する動き ホスピス施設の案内 書評 緩和医療関連サイトのリンク


会員募集

トップページ > 緩和ケアに関する情報 > 宗教的ケア

宗教的ケアとは

宗教家(牧師、僧侶など)が患者さんやご家族と語り合い、心のケアを行います。宗教家と言っても布教活動を目的としているわけではありません。患者さんの中には洗礼を受けられる方もいるようですが、キリスト教徒でなくても、仏教徒でなくても、あるいは宗派が異なっていても、何ら問題なくケアを受けられます。
心のケアをして下さる宗教家の方たちをチャプレンと呼びます。病室などでケアを受けるときには、チャプレンは私服で来ることもあれば、牧師の格好で来ることもあります。チャプレンの格好に希望があれば、遠慮なく言うべきです。
チャプレンは、宗教的な話もすれば、哲学的な話もします。またカウンセリング的な働きもしたり多彩なケアをすることもあります。
ただ、チャプレンの絶対数は大変少なく、鹿児島でも活動されている方は少数です。そのお一人に宗教的ケアの実際を紹介する連載をしていただきましたのでご覧下さい。

 

ページトップへ 坊さん奮闘記1

ご利用案内・規約 個人情報の取扱いについて ご意見・ご要望

コピーライト