検索の方法

かごしま緩和ケアネットワークのトップページ

会の案内 緩和ケアに関する情報 日本における緩和ケアに関する動き ホスピス施設の案内 書評 緩和医療関連サイトのリンク


会員募集

トップページ > 会の案内 > 設立趣意書

設立趣意書

医学は20世紀に入って、目覚しい発展を続けています。その成果は人々の生命を支え、寿命を延ばし、私達に多くの可能性を与えてくれました。

一方で、治癒を望めなくなった患者やその家族に対する関心も、これまでになく強くなっています。近代ホスピス運動に端を発したターミナルステージに対する関心は、1990年、世界保健機構(WHO)の緩和医療の定義に集約されます。そこには、身体症状のケアはもちろんのこと、さらに心理的、社会的、スピリチュアルな問題にもアプローチすることが医療の責務であると述べられています。

日本でも、ターミナルケアを中心とする多くの施設や在宅チームが、活動をはじめ、その成果をあげています。鹿児島においても、ターミナルケアにおける諸問題に取り組んでいる方が、職種を越えて多数おられます。

そこで私たちは、情報交流と学びの場として、1998年「鹿児島ターミナルケア・ネットワーク」を設立し、多くの方の賛同をいただいています。

今回、議論を進める中で、「鹿児島緩和ケア・ネットワーク」に改称することになりました。WHOでも指摘していますように、緩和ケアは、単にターミナルステージの問題だけではなくて、もっと早い病期の患者とその家族にも適応する必要があります。そうすることによって、県内どこに住んでいても、適切なケアが可能になります。

私たちは、この会の活動を通して、研究を深め、人材を育成し、各団体、諸施設、個人相互のネットワークを広げていきたいと考えています。

趣旨にご賛同の上、多くの方のご協力、ご参加をお待ちしております。

<活動内容>
1. 本会は、緩和ケアの向上を目指した研究を行い、学会を開催する。
2. 本会は、緩和ケアに関するあらゆる人がチームとなって相互に協力しアプローチする方向を求める。
3. 本会は、会の活動を通して、各団体・施設・個人相互のネットワーク化を図る。
4. 本会は、患者及びその家族の参加を促し、その願いや希望が実現することを志す。
5. その他、本会の目的に適う活動を行う。

 

ページトップへ 規約

ご利用案内・規約 個人情報の取扱いについて ご意見・ご要望

コピーライト