検索の方法

かごしま緩和ケアネットワークのトップページ

会の案内 緩和ケアに関する情報 日本における緩和ケアに関する動き ホスピス施設の案内 書評 緩和医療関連サイトのリンク


会員募集

トップページ > 緩和ケアに関する情報 > 心のケア

がん患者さんの精神症状

  • がん患者さんの約半数に何らかの精神症状(適応障害、うつ病、せん妄)が認められる
  • 適応障害、うつ病の最大の原因の一つは痛みである(痛みの治療=心のケア)
  • 特に終末期の身体状態が悪化する時期では、せん妄の頻度が増加する
  • せん妄は様々な身体的問題による意識障害であり、精神的ストレスによるものではない

■適応障害

  • 頻度:10〜30%
  • 心理社会的ストレス(がんの再発や進行、PS悪化など)に関連して起こる不安・抑うつ。(うつ病の診断基準は満たさない)。
  • それにより日常生活に何らかの支障(仕事や家事が手につかない、眠れないなど)を生じているもの。
  • がん以外でも人生の中で経験することがある(受験や就職の失敗、妊娠・出産、失恋、離婚など)

■うつ病

  • 頻度:3〜10%
  • 抑うつ気分(気分が落ち込む)
  • 意欲・興味低下(物事に興味がなく)
  • 自責感(自分は価値がない家族の重荷だ)
  • 焦燥感・制止(いらいらする動作が鈍くなる
  • 希死念慮(死んだ方がましだ)
  • 睡眠障害、食欲低下、思考・集中力低下、倦怠感

■適応障害とうつ病に共通なこと

  • 自殺の最大の原因
  • QOLの全般的低下
  • 家族の精神的負担増大
  • 治療コンプライアンスの低下(必要ながんの治療の拒否など)

■がん患者の不安・抑うつの危険因子

一般的要因 若年、一人暮らし
がん 痛み、低い身体活動度
進行がん・再発がん
薬物 ステロイド剤
心理社会的要因 神経質、悲観的
うつ病の既往歴
不十分なソーシャルサポート

忘れてはいけない!痛みは最大の原因

■せん妄

  • 頻度:全身状態がよいとき数%、末期30〜80%
  • 注意の集中・維持・転導能力の低下を伴う意識障害で、短期間に出現(数時間-数日)し、症状が一日のうちで変動
  • 認知の変化(記憶欠損、失見当識、言語の障害など)、または痴呆によらない知覚障害
    • 見当識障害(場所や時間がわからない)
    • 幻覚(誰かがそこにいる;幻視など)
    • 妄想(殺される;被害妄想)
    • 焦燥(いらいら)
    • 興奮(ベッドから立ち上がる、点滴を抜く)
    • 睡眠覚醒リズムの障害(昼うとうと、夜間は不眠)
  • せん妄による影響
    • 事故、自殺の原因
    • 家族とのコミュニケーションの障害
    • 自律的な意思決定の障害
    • 入院期間の長期化
    • 医療スタッフの疲弊

■がん患者のせん妄の原因

原因 Definite Probable Possible Contributory 割合(%)
薬剤 4
14
11
35
64
感染
1 26 12 7 46
臓器不全 2 43 3 6 54
脳病変 15 15 3 3 36
低酸素 8 24 4 7 43
電解質異常 1 25 16 4 46
環境 0 2 1 17 20
放射線の脳照射 0 0 0 11 11
化学療法 0 0 0 11 11
手術 0 0 0 32 32
Tuma et al., Arch Neurol, 2000

 

他の[心のケア]のコンテンツ > スピリチュアルケア > 宗教的ケア > カウンセラーから’心のケア’について


■サイコオンコロジーのコンテンツについて

  • サイコオンコロジーは精神腫瘍学と訳され、がん患者さんの心のケアの重要なメニューです。
  • サイコオンコロジーのコンテンツは明智龍男先生(名古屋市立大学大学院 精神・認知・行動医学、名古屋市立大学病院 こころの医療センター)のご監修のもとに鹿児島緩和ケア・ネットワークが作成しております。コンテンツに対するお問い合わせは直接、鹿児島緩和ケア・ネットワーク事務局にお問い合わせ下さい。
  • サイコオンコロジーのコンテンツの無断転載を禁じます。

 

ページトップへ  

ご利用案内・規約 個人情報の取扱いについて ご意見・ご要望

コピーライト